アサヒヤ紙文具店


ミード ウォレットファイル

ショッピングのトップへ mead walletfile

ミードのウォレットファイル
1846年、アメリカのオハイオ州デイトンにて創業のミード。
森林業から印刷用紙の生産まで、紙にこだわり
続ける全米No.1の紙製品メーカーです。
ノートやメモでお馴染みのミード社がつくる、味のある
ウォレットファイルをご紹介いたします。
ミード ウォレットファイル 左からS・M・Lの3サイズ
MeadWestvaco Corporation,Dayton,Ohio U.S.A.
Made in China.


ご注文方法・送料などについて

画像をクリックすると拡大できます
mead ウォレットファイル Sサイズ
ミード ウォレットファイル Sサイズ
紙製書類入れ ・ ゴムバンド付き
大きさ: 114 x 273mm
マチ寸法: 55mm
 取り扱いを終了しました

mead ウォレットファイル Mサイズ
ミード ウォレットファイル Mサイズ
紙製書類入れ ・ ゴムバンド付き
大きさ: 241 x 298mm
マチ寸法: 55mm
 取り扱いを終了しました

mead ウォレットファイル Lサイズ
ミード ウォレットファイル Lサイズ
紙製書類入れ ・ ゴムバンド付き
大きさ: 254 x 381mm
マチ寸法: 55mm
 取り扱いを終了しました


使用レポート  -店長 萩原より使用インプレッション-
画像をクリックすると拡大できます
広めで使い勝手の良いマチ
ミード ウォレットファイル マチ部分 ミード ウォレットファイル マチ部分 写真左: マチを広げる前の状態。
写真右: マチを広げたところ。
S・M・Lとも、55mmあります。
55mmのマチが設けられておりますので、余裕をもって書類などを収納できます。
ふたの部分も、厚みが増す事を想定して長めに出来ており、数段階の折り筋も付けられています。

しっかり付けられたゴムバンド
ミード ウォレットファイル ハトメとゴムバンド ミード ウォレットファイル ゴムバンドの抜け止め 写真左: ふたの表側のハトメとゴムバンド。
写真右: ふたの裏側にあるゴムバンドの抜け止め。
ゴムバンドを掛けたり外したりする際には、取り付け部分に結構な力がかかります。
金属の鳩目(ハトメ)で補強されているのは当然ですが、裏側にある抜け止めがしっかりしているので安心感があります。
18mm程の長さのある金属のチューブでゴムバンドを圧着して作られています。
これなら、この部分が壊れるより先に、ファイル自体の寿命が来そうな予感がします。 なにより、この手の文房具は、ヤレが来てからの方が味が出て来る場合が多く、そこがお好きなかたも多いかと存じます。 そういう意味でも、基本部分がタフなのは良い事です。

サイズ選びのポイント
ミード ウォレットファイルMとレターサイズ

ミード ウォレットファイルMとA4サイズ
左の写真は、上下とも「サイズ」です。
やはり、レターサイズに丁度良く出来ているようです。 クレインのカタログが丁度レターサイズですので、入れてみると(写真上)、左右にゆとりをもって入ります。 余白がご覧いただけるよう奥まで入れずに撮影していますが、実際にはきちんと奥まで入ります。
一方、写真下はA4サイズを入れたところです。 正A4サイズのカタログを使用してみました。 ほとんど左右の余裕が無い事がわかります。
ファイリングをしていない、裸の正A4サイズや、それより小さなB5サイズの書類の収納に向いているといえます。

こんな場合はLサイズがおすすめです
ミード ウォレットファイルMとA4用ファイル

ミード ウォレットファイルLとA4用ファイル
左の写真は、上が「サイズ」、下が「サイズ」です。
上の「サイズ」では、A4サイズ用のクリアホルダーを入れようとしても、かなり寸法が違い、入りません。
写真下の「サイズ」の場合は、クリアホルダーやA4サイズ用のフラットファイルも余裕をもって収納する事ができます。 A4サイズの書類をファイルしたものや、フォルダーで仕切りたい場合などは、「サイズ」がおすすめです。





現在地
ショッピングのトップページ > ミードのウォレットファイルのページ

ご注文方法・送料などについて

ホームへ このページからお越しのお客様も、どうぞホームにもお立ち寄りください。
ショッピングへ おすすめ商品ページのトップへ。 他の商品もぜひご覧下さい。
お問い合わせ どうぞお気軽にお問い合わせください。

アサヒヤ紙文具店