ショッピングトップ アサヒヤ紙文具店

石原10年日記

石原出版社の10年連用日記帳です

石原10年日記

日記帳と聞いただけで、とても根気の要るもの、たいへんなもの、という
イメージを持たれる方も多いのではないかと思います。
ましてや、10年連用の日記帳ともなれば、なおさら強い意志と、
続ける根気が必要にも思いがちです。
ところが、多年数の連用日記帳というものは、おのずとその一日あたりの
筆記量が少なく、意外と続けやすいという一面を持っています。
特に、連用日記の設計に独自のアイディアとノウハウを持つ石原出版社
によるこの石原10年日記は、ご使用中の楽しさ・便利さだけでなく、
10年間使い終わったあとの読み返しやすさ・振り返る楽しさ
にまでこだわった作りになっています。
詳細をご覧頂くとお分かり頂けると思いますが、使う側の立場に立った
親切な設計と細やかな心配りは、「おもてなしの心」 とも言える
ものと思います。
貴重な10年間の 「自分史」 づくりのお供として、自信を持って
お薦めできる日記帳です。

ご注文方法・送料などについて
石原出版社製 石原10年日記


新年版の発刊は毎年9月です
石原10年日記帳のスタートは、1月1日です。
毎年9月に、翌年の1月1日から始まって10年分をカバーする内容の新年版が発刊されます。
その新年版の発刊のあと、年末の12月までの間は、現年版と新年版の両方が並行して流通します。
そのため、9月~12月の間にこの日記帳をご検討の場合は、すぐに書き始めたい場合と、新年から空白無く始めたい場合などのご都合に応じて、お好きな方をお選び頂けます。
石原日記帳の発刊時期
この期間は、お買い物ボタンをそれぞれにご用意し、合わせてご案内申し上げます。


    石原10年日記 書き続けたくなる10年連用日記です
画像をクリックすると拡大できます
石原10年日記 2017年スタート
2017年1月1日始まりです
 2017年版 【 2017~2026年 】  ブラウン
 ● 2017年1月1日スタートです
 ● サイズ: B5判
       外寸: 261 x 192 x 27 本文: 256 x 182 mm
 ● ページ数: 全504ページ
 ● 日記スペース: 1日あたり 4行 (5.5mm横罫)
 ● 本文の紙質: 耐久中性紙
  税込価格 5,184円  ご購入数 冊  
時期によりメーカー在庫に変動がありますので、
現在の弊店の在庫状況を表示しております。 
 

石原10年日記 2017年スタート
2017年1月1日始まりです
 2017年版 【 2017~2026年 】  ワインレッド
 ● 2017年1月1日スタートです
 ● サイズ: B5判
       外寸: 261 x 192 x 27 本文: 256 x 182 mm
 ● ページ数: 全504ページ
 ● 日記スペース: 1日あたり 4行 (5.5mm横罫)
 ● 本文の紙質: 耐久中性紙
  税込価格 5,184円  ご購入数 冊  
時期によりメーカー在庫に変動がありますので、
現在の弊店の在庫状況を表示しております。 
 



2016年から始めたい方に
石原10年日記 2016年スタート
2016年1月1日始まりです
 2016年版 【 2016~2025年 】
  ブラウン
 ● 2016年1月1日スタートです
 ● 仕様は2017年版と同様です

税込価格 5,184円  
ご購入数 冊  
生産終了品のため、在庫状況を
表示しております。 
 



ご注文方法・送料などについて


知的贈答品としても人気の高い石原10年日記
石原10年日記をギフトにどうぞ続けやすいよう工夫された内容とともに、暮らしの知恵としての豊富な附記を満載した石原10年日記は、知る人ぞ知るギフトとしても人気です。
石原10年日記は紙箱入りの製品ですので、箱の上から包装可能です。
プレゼントとしてご用命の場合は、お会計ページの備考欄にて、どうぞお気軽にお申し付けください。
心を込めてラッピングさせて頂きます。



使用レポート  -店長 萩原より使用インプレッション-

長くお付き合い頂ける日記帳ですので、できるだけ詳しくご説明したいと思います。
日記帳の巻頭部分日記部分巻末部分に分けまして、それぞれ詳しくレポートさせて頂きます。
一番下の筆記テストも、ぜひご覧ください。


巻頭部分 画像をクリックすると拡大できます
年頭所感 *
年頭所感 10年間をかえりみて 写真左: 年頭所感のページ
写真右: 10年間をかえりみて
巻頭の部分には、各年の年頭所感を記入するページがあります。
各年に1ページずつ割り当てられ、全て終了すると 「10年間をかえりみて」 のページで総括する事ができます。
* 2010年版から、「年頭所感」の名称が「年頭にあたり」に変更、また 「10年間をかえりみて」 は「パーソナルメモ」として個人情報管理用のページに変更になりました。
祝日一覧と10年暦
祝日や節気・行事など 便利な十年歴 写真左: 祝日・節気・行事など
写真右: 10年暦のページ
祝日などの一覧のページでは、以下の項目がわかりやすくまとめられています。
  ・ 国民の祝日と節気 (立春や秋分など)
  ・ 年中行事 (ひなまつり、お彼岸など)
  ・ 記念日 (耳の日、母の日、父の日、終戦記念日など)

10年暦のページには、各年の干支・毎日の六曜(大安・先勝など)が一覧にまとめられています。 六曜がひと目でわかり、便利です。



日記部分 画像をクリックすると拡大できます
予記欄 予記欄
日記ページの、各月の始まりの部分には 「予記欄」 が設けられています。
その月の予定や目標を書いておくと便利です。
数年後の予定でも、今から書き込んでおくことが出来ます。

【日記ページの詳細】
パソコンの画面の解像度の設定が 1024 x 768 ピクセルの時に、ほぼ原寸大(B5判)でご覧頂けるよう画像を作成しました。
ピンクのマーキングや文字などは、私があとから書き加えたもので、印刷は一色です。
印刷色は、ほんの少しグレーがかった黒で、クリーム色の紙面とともに目にやさしく、疲れにくいコントラストとなっています。
石原10年日記の特徴





巻末部分 画像をクリックすると拡大できます
補足欄
補足欄 日記スペースに書ききれない場合に、続きを記入するスペースです。
1ページあたり43行で48ページ分と、たっぷり用意されていて安心です。
ひと工夫のある住所録 *
石原日記の住所録 住所録には、右端に小さなマス目が設けられています。
これは、例えば年賀状を平成19年に出したら上段に 「9」 と記し、その人から年賀状を受け取ったら下段に 「9」 と入れ、来なかったらそのまま、といった風に使用しますと、交際状態がひと目でわかり、便利です。
* 2010年版から、このマス目はなくなり、Eメールアドレスが記入できるようにフォームが変わりました。
登録人数は667名から406名になりました。
その他の親切機能 画像をクリックすると拡大できます
家族の経歴 免許歴 写真左: 家族の経歴
写真右: 免許歴
家族の経歴ページは、お子様の成長記録やご家族の健康の記録を10年間 共に記録できますので、あとで振り返って参考になります。
免許歴のページは、点数の記録や、点数の消える日まで管理できるユニークなページです。
満年齢表 便利な挨拶文例 写真左: 満年齢表
写真右: 挨拶文例
満年齢表は、日本の年号・西暦・干支と年齢の対応表で、ひと目でわかる10年分の一覧表になっています。
時候の挨拶文例には、季節ごとの挨拶と、結びの言葉の例が掲載されており、お手紙を書くときに便利です。
その他、一緒に手元にあると便利な、下記の付録が用意されています。
換算表 贈答品の控え 常用漢字表
各種換算表 贈答品のひかえ 常用漢字表
各種手続き 座右の銘 長寿のお祝い
 その他、気配りにあふれた情報が満載です
お役所での各種手続きの期限や必要書類についてや、はがきを書き損じた場合の郵便局での手続き方法なども記載されています。
作り手の細やかな気配りと優しさが感じられ、とても好感が持てます。
また、このページの一角には 「座右の銘」 を記す欄も設けられています。

10年間をかえりみて *
10年間をかえりみて 最後に、「10年間をかえりみて」 というページが用意されています。
書き始めてから10年後に、やっと記入することのできるページです。
ここまで到達した人にとって、この日記帳はかけがえのない 「自分史」 となることと思います。
* 2010年版から、 「10年間をかえりみて」 は「パーソナルメモ」として個人情報管理用のページに変更になりました。

このページのトップへ


筆記テスト 画像をクリックすると拡大できます
各種筆記具での筆記テスト 筆記テストの裏面 写真左: 筆記テスト
写真右: 裏面のようす
紙は、筆記特性と保存性を考慮し、耐久性に優れた中性紙を使用しています。
紙の色は、目にやさしい淡いクリーム色になっています。

筆記具の種類による特性ですが、ボールペンでは油性ボールペンとゲルインクボールペンが裏にインクが抜けにくく、安定しているようです。
水性のボールペンは、銘柄により裏に抜けるものもありました。

万年筆につきましては、パイロットのブルーが特に強く貫通していますが、同時にウォーターマンのブルーブラックもベタ部分では裏抜けが目立っています。
ブルー系では、モンブランとラミーのブルーブラックが良い結果となりました。

また、顔料系の万年筆インクは、セーラー、プラチナとも裏抜けせず、良好な結果となりました。
永く残す記録ですので、筆跡を確実に残すために、万年筆の場合にはこのようなインクのご使用も想定されますが、相性が良くて安心いたしました。
万年筆の中で固まってしまわないよう、気を遣いがちなカーボン・顔料系インクですが、日記で毎日お使いになることは、ペンにとって何よりのメインテナンスかも知れません。

このテストの結果は、もちろん絶対という訳ではございませんので、あくまで一例とお考えください。
紙製品は、使用紙のロットや水分量その他による微妙な条件の変化で、筆記具との相性は変化する事がございます。
おおまかな傾向として、少しでもご参考になりましたら、幸いに存じます。

店頭には、実際にお試し書きしていただける実物をご用意しております。
ご愛用の筆記具やインクでのお試し書きを心より歓迎いたします。



装丁につきまして 画像をクリックすると拡大できます
柔らかい表紙 2本のしおり 写真左: 軟らかい素材の表紙
写真右: 栞は2本つきです
切り抜きを貼ったりして行くうちに、日記帳の厚みが増しても使いやすいように、表紙の素材には軟らかいビニールを採用しています。
筆記具を挟んだまま日記帳を閉じても、表紙が軟らかく追従しますので、綴じ部に無理がかかりません。
また、しおりは色違いで2本付いています。 日記部分と補足欄にそれぞれ使用するなど、使い勝手に応じてご活用いただけます。



ご注文方法・送料などについて


このページのトップへ


要点の記録と、検索性
この日記帳の著作者であり、石原出版社の社長の石原貫一郎氏の言葉が、一番最後のページに載っています。
その中に、
「毎日の要点だけの記録こそ、生存の貴重さと検索の便利さ等、幸福への近道ではないでしょうか。 この日記が、貴方のお役に立ちますように・・・」
とあります。
確かに、パラパラめくった時に目につきやすい位置であるページの下端に「特記事項欄」 があり、ここにインデックスとなる出来事を記入しておくだけで、あとからの検索が格段に早く、楽に出来るようになっています。
誕生から、もう40年近く経つ石原日記ですが、帳面に手書きで記すというアナログな世界の中にも、現在のパソコンやインターネットにも通じるような、情報の扱いの巧みさというものを感じ、驚かされます。
古くから情報というものを大切に感じ、いかにして整理し扱いやすくするかについて、長年に渡り研究して来た成果だと思います。
せっかく10年もかけて完成させる自分史ですから、色々な角度から検索してその後も活用できるということは、大切な機能だと感じました。


● 商品写真の色は、実物と異なって見えることがございます。


このページのトップへ
現在地
ショッピングのトップページ > 石原10年日記のページ


ご注文方法・送料などについて


ホームへ このページからお越しのお客様も、どうぞホームにもお立ち寄りください。
ショッピングへ おすすめ商品ページのトップへ。 他の商品もぜひご覧下さい。
お問い合わせ どうぞお気軽にお問い合わせください。

アサヒヤ紙文具店